タグホイヤーのオーバーホールの価格は高いの?

タグホイヤーのオーバーホールの価格が高い理由

タグホイヤーのオーバーホールの価格は、高いと聞くことがよくあります。
タグホイヤーは正規販売店で購入した場合、エドワードクラブ会員になれますが、並行輸入品を購入した際、費用が高いという声が多くあるのです。
エドワードクラブ会員は、通常のオーバーホール価格より30%割引で利用することが可能で、オーバーホール時に劣化した部品があった場合、部品交換台の20%が割引になるようです。
今回は、タグホイヤーのオーバーホール価格が高い理由と、修理店で頼んだ場合の情報を紹介していきますので、是非参考にしてください。
「タグホイヤーのオーバーホール価格が高い理由」
タグホイヤーでオーバーホールを依頼すると高い理由の一つが「並行差別」と言われています。タグホイヤー以外にも、ウブロ、ブルガリ、ブライトリングなどの高級腕時計メーカーは並行輸入品のメンテナンスが高く、フランクミュラーに関しては、メンテナンスすら断られるそうです。
並行差別は、基本的には、並行輸入品の方が圧倒的に安いため、メンテナンスで並行差別を作らなければ、国内の正規品が売れなくなってしまうのを防ぐために創られたそうです。
時計のグループであるスウォッチグループとリシュモングループは並行差別はないのですが、タグホイヤーは、LVMHグループに属しており、LVMHグループには並行差別があると言われています。
LVMHウォッチ・ジュエリージャパンは日本国内でタグホイヤーのファンを創っていきたいと考え、テニスプレイヤーの錦織圭選手や、サッカー選手である山口蛍選手をブランドイメージキャラクターにし、広告を作成しているため、タグホイヤーを購入する大半が並行輸入品となってしまうと、お金をかけ広告を作っているLVMHウォッチジャパンの利益にならないという事です。

タグホイヤーのオーバーホールをメーカー以外に頼むなら

タグホイヤーの時計をオーバーホールや修理に出すなら、もちろんメーカーのカスタマーサービスの方が、品質的にも技術的にも安心することができます。
メーカーのオーバーホールは自社製品なので、知識があり、的確な判断をしてメンテナンスを行えます。ただ、会員ではない場合、料金にネックを感じる人が多く、価格帯が高いため、メーカー以外も考えたいと思う人が多くいます。
時計の修理専門店は、メーカーより安くオーバーホールを行うことが出来るので、料金にネックを感じている人は、熟練の知識と技術力がある修理技術者がいる修理専門店を選ぶことをおすすめします。
時計修理を依頼するとき、との時計修理専門店の技術力が大切になっています。車の修理やメンテナンスは車の命に係わるため国家資格を所有した自動車整備士しか行えませんが、時計はそのような決まりまないので、時計修理専門店へオーバーホールを依頼したときに、担当した時計修理者が未熟だと時計内部のネジ山を潰されてしまったり、細かな傷をつけられてしまう恐れがあったり、時間が合わなくなるなどの、トラブルが起こる場合があります。
このようなトラブルを避けるために、時計修理の専門店を選ぶ際は、慎重に選ばなければなりません。
時計の修理には、3級から1級までの時計修理技能士の国家資格があります。技能検定制度の一種で、都道府県職業能力開発協会が実施している時計修理に関する学科及び実技試験となっており、初級、中級、上級と位置づけられているのです。
ただ、修理技能師は任意なので、資格がない人も大勢いますので、メーカー以外に修理を依頼する際は、「熟練の時計修理技能士が中級者以上の資格を持っている修理専門店」「不具合があった場合の保証期間を設けている修理専門店」を選びましょう。

まとめ

"タグホイヤーの時計のオーバーホールは会員であれば通常料金から30%offで対応してくれるので、そこまで高いと感じませんが、非会員の人にとっては痛い出費になってしまいます。
タグホイヤー以外にもブライトリングなども会員制度を設けており、どちらも日本の正規店で時計を購入した際に無料で入会できるサービスなので、並行差別があります。
並行輸入品の方が安いので、並行輸入品を購入してもオーバーホールが高かったら安いものを購入した意味がなくなってしまうので、費用面にネックをお持ちの方は、注意点を把握しながら、ぜひ修理専門店に依頼しましょう。
そして、時計のオーバーホールは時計の寿命を延ばすために大事なことなので、定期的にオーバーホールをすることを忘れないようにしましょう。"

MENU

ページの上部へ戻る