タグホイヤーのオーバーホールを依頼するなら

正規店と専門店の違いとは?

タグホイヤーなどの高級機械式腕時計は、定期的なメンテナンスが必要なのはご存知だと思います。 今回、こちらでは、タグホイヤーをオーバーホールする時に選ぶなら、正規店か専門店かどちらがいいのかをご紹介していきます。 はじめに、時計を修理するにあたってメーカーである正規店か専門店に修理を依頼しますが、その二つの正規店と専門店には、どのような違いがあるのでしょうか。大きく言えば、修理内容などはさほど大差がないように感じますが、細かい点で見たとき、実は大きく異なるのです。 長年使うにつれ愛着がわくと言われる時計の修理は、どこで利用すればいいのかじっくり検討していきましょう。

正規店と専門店の修理費用の違い

まず、大きく異なるのが修理費用の違いです。修理専門店と正規店では、修理代金の算術基準が少し異なるようで、費用が異なるのです。 正規店は自社モデルのみの修理しか行わないので、販売価格を基準に修理費用を算出しています。販売価格が高いモデルは、その分修理費用も高くなります。 一方修理専門店では、一部のメーカーを除き、基本的に時計の販売価格を基準とせず、修理箇所、修理内容に重点を置いており、その難易度で価格を算出しているようです。多くのメーカーを取り扱う上で、メーカーごとに種類や機能の違いがあるため、大まかな区分で料金が設定されているのが一般的でしょう。また、細かな修理費用が修理専門店ごとに異なりますが、正規店での修理と修理専門店では、修理専門店のほうが低めに設定されているようです。

正規店と専門店の技術力の違い

正規店では、修理と交換を同時に行えるため、技術力は高く、時計修理技師が各センターに在中しています。正規店では交換が必要などんなシリーズの時計でも対応することが可能なので、内部が新品同様で帰ってきます。 一方修理専門店では、技術力が高い専門店もあれば、低い専門店も存在します。新品相当のレベルで帰ってくることを考えると、一概に修理専門店の技術力がいくいわけではないのですが、技術力の低い専門店がある以上、100%とは言えないので、正規店の方が総合的に技術力が高いといえるでしょう。 ただ、正規店でも、人の手で修理や交換をするので、100%とは一概に言えず、修理専門店の方がいいという声もあります。 そのため、技術力の高い専門店を探す手間がかかりますが、技術力の高い専門店を探した方が賢いかもしれません。

正規店と専門店の修理完了までの違い

修理が完了するまでの期間も正規店と修理専門店では異なります。 タグホイヤーの正規店の場合は、30日前後でオーバーホールが完了します。修理の場合は状態によるので、明確にはしていませんが、最長半年かかる可能性もあるそうです。一方で修理専門店の場合は、最短で1日、最長1ヵ月ほどかかります。店舗持ち込みの場合、すぐ対応が可能ならその日のうちにオーバーホールを行ってくれるようで、店舗での対応が難しい修理の場合、正規店と同様の期間が必要になります。

正規店と専門店で部品の有無が異なる

時計の修理内容によったり、各シリーズにより部品の交換が必要になってきます。正規店での修理の場合、製造が終了した時計でも部品を揃える義務があるため、基本的には部品交換の対応を行っています。ただ、修理専門店の場合、お店によって部品があるかどうかが異なるので、一部の修理専門店では断られてしまう可能性もあります。 ただ、メーカーが保有していない部品を修理専門店では扱いのある店舗があるので、メーカーで修理が不可と判断された場合も対応してもらえる可能性があるので、一概に出来る出来ないの判断ができません。
他にも様々な違いがありますが、修理を依頼するときに何を優先するのかによって選ぶ先が異なってきます。

タグホイヤーのオーバーホールを依頼するなら

信用性は、やはり世間一般では正規店が信頼性が高いと思いますが、修理専門店でも信頼性の高いお店はたくさんありますし、費用面では正規店よりも修理専門店の方が安いことから、費用がネックの方には修理専門店がおすすめです。
では、費用面の比較を簡単にご紹介しましょう。
タグホイヤーの会員価格と並行輸入通常料金
クオーツ「会員 約20,000円~」「通常 約30,000円~」
クォーツクロノグラフ「会員 約30,000円~」「通常 約45,000円~」
機械式「会員 約30,000円~」「通常 約45,000円~」
機械式クロノグラフ「会員 約40,000円~」「通常 約60,000円~」
修理専門店での料金
クオーツ「15,000~20,000円~」
クォーツクロノグラフ「25,000~30,000円~」
機械式「18,000~25,000円~」
機械式クロノグラフ「28,000~30,000円~」

まとめ

正規店と修理専門店では、費用面で大きく異なるため、不安に思う人も多くいるかと思いますが、正規店にこだわりがない人には、魅力的な費用面だと思います。 ただし、一概に技術力が高い修理専門店だけではないので、その面では注意が必要です。 愛着ある大切な時計なので、不安や不明点があるかたは、そこをクリアにしてからオーバーホールを依頼したほうがいいので、修理専門店でオーバーホールを依頼しようと思っている人は、お店に確認を取ったり口コミ情報や、ホームページを確認することをおすすめします。

MENU

ページの上部へ戻る