タグホイヤーなどの時計と定期的なオーバーホールについて

ブランド腕時計を所持している方のために

タグホイヤーなどのブランド腕時計は高級品なので、高値で取引きされることが多くなっています。ブランド物の腕時計は、何かの記念やお祝いの品として、コツコツ貯めたお金で買ったり、大切な人からプレゼントされたりするケースも数多く目にします。
購入時に多額の費用がかかり、さらに自分の思い入れがあるブランド腕時計であれば、少しでも長く愛用したいと考える人は少なくありません。高級時計は、機能性や耐久性にも優れていることが多くあります。たとえ高級時計であっても、長い年月の経過や度重なる使用による劣化や損傷は避けられない問題です。そのような状況を放置すると、時間が不正確になったり時計が止まったりといった問題が発生することもあります。
ブランド腕時計に何らかの不具合が生じた場合、修理をすれば直る可能性があります。ただし、修理の際にかかる費用や期間という観点から見ると、時計が壊れてしまうまで何もしないという使用方法は、あまりおすすめすることができません。
時計に何かしらの問題が発生した場合、それだけ部品の劣化や損傷が進んでいるということを意味します。そのような状態で修理を行なうには、症状が悪化している分だけコストや時間がかかることになります。場合によっては、部品交換が不可能な箇所にまで悪影響が及んでいたり、症状が悪化し過ぎていて修理不可と判断されたりする可能性もあります。
それらのリスクを軽減するためには、定期的にオーバーホールを行なうことがおすすめです。オーバーホールでは、時計をパーツごとに分解し、それぞれの部品に洗浄や注油を施します。また、劣化や損傷のある部品が発見されれば、交換されることもあります。定期的なオーバーホールによって、不具合の原因をいち早く発見し、適切な対策を講じることが可能となります。

時計を長く愛用し続ける方法について

所持しているタグホイヤーなどの腕時計を長持ちさせるためには、定期的なオーバーホールをするのも良いでしょう。こちらの方法を実践すると、時計のメンテナンスや修理にかかる負担が軽くて済むというメリットがあります。
タグホイヤーなどの腕時計はオーバーホールを長期間しなかった場合、突然動かなくなることもあり得ます。時計に不具合が生じてから修理に出す場合、問題の発生する時期が予測できないことがほとんどです。
そのため、時計を使用したくても、故障してしまったために使用することができないという問題も起こり得ます。
その一方で、定期的にオーバーホールを行なう場合、時計に不具合が起こっていない状態で点検することとなります。したがって、オーバーホールを依頼するタイミングは、自分の都合に合わせて選ぶことができます。
そして、オーバーホールの際に不具合の兆候が見つかった場合、その段階で部品交換などをしておけば、問題がさらに深刻化して不具合が表面化することを防止することが可能になります。つまり、時計を使用する機会が少ない時期を選んでオーバーホールしておけば、使用者にかかる負担が少なくなるのです。
また、症状の浅い状態で対策を講じることで、時計にかかる負担が軽くなり、時計の寿命が延びることも期待できます。そのため、時計をできるだけ長い期間にわたって愛用し続けたいという方にも、定期的なオーバーホールをおすすめします。

オーバーホールを行なう際には

タグホイヤーなどの腕時計を定期的にオーバーホールする場合、分解や洗浄、注油などを実施します。さらに必要に応じて修理や部品交換などを行なうこととなります。腕時計は精密機械で内部は複雑な構造となっているので、それらの作業をするためには専門的な知識や技術が必要とされます。
そのため、素人がオーバーホールを試みると、エネルギーや時間がかかり過ぎたり、作業中にミスが発生したりすることが多いので注意する必要があります。例えば、作業中に力を加え過ぎて部品を破損させたり、時計をもと通りに組み立てる方法が分からなくなったりするリスクもあります。
素人の作業にかかる不安材料を考慮すると、オーバーホールは専門の業者に依頼するのが賢明です。オーバーホールは、メーカーや販売店にも依頼することが可能です。
その中でも、メーカーは信頼性の高さが魅力ですが、作業料金が高めに設定されているという問題もあります。また、販売店の場合、店舗では受付のみ行なって、作業は他社に発注する可能性もあります。そうした場合には、中間マージンや他社との連絡や調整にかかる時間が発生するため料金が割高になったり、納期が遅延したりといった問題も起こり得ます。
それらの問題を解決するには、メーカーや販売店以外の専門業者を利用するという方法もあります。
こちらは、イレギュラーな依頼にも柔軟に対応してもらうことができ、作業にかかる費用や時間の負担が軽くなる方法と言えます。ただし、利用経験のない会社に依頼する場合、実績などを確認して信頼の置ける業者を選ぶことが大切になります。

MENU

ページの上部へ戻る