卓越した技術が必要なタグホイヤーのメンテナンス方法

タグホイヤー独自のメンテナンス方法が必須

世界各地のサッカーリーグのオフィシャルタイムキーパーとしても名高い、高級時計のタグホイヤーは多くの男性があこがれるアイテムです。腕に巻くだけで気高い存在感を放ち、崇高な美しさ、正確に時を刻むテクノロジーの極致を感じることができます。
しかし絵画など至高の芸術品と同様に、メンテナンスを怠れば劣化は避けられません。タグホイヤーを末永く使い続けるためには定期的なオーバーホールを行うことが大切です。
高級時計は精密に作られた歯車、ねじ、ばね、ぜんまいなどの極小パーツが寸分の狂いもなく組み立てられています。
これらの極めて小さなパーツが正確に作動するように、時計内には部品が円滑にかみ合い、また摩耗しないように専用オイルが注油されています。しかも最適な潤滑効果を得るために、部品によって異なったオイルが使用されます。
しかし厳選されたオイルも徐々に乾燥したり酸化したりして、最終的には油切れになってしまいます。
放置しておくと精密な金属パーツが摩耗してしまい、時計全体の機能が低下することや、寿命を縮めてしまう恐れもあります。したがって、定期的に時計のオーバーホール専門業者に依頼してプロならではのメンテナンスを依頼することが非常に重要です。
スーパーカーでもエンジンオイルを交換しなければ故障してしまうように、高級時計も徹底したオーバーホールをすることが必要です。きちんと繰り返して継続すれば何十年も付き合っていける存在となります。高級時計には独自の設計思想や構造がありますから、タグホイヤー固有のメンテナンス方法を熟知した修理職人の卓越した技術が必要です。誤ったメンテナンス方法では本来の機能を取り戻すことが難しくなります。

タグホイヤーのメンテナンス方法は手順が高度で精緻

タグホイヤーのような高級時計は精密機械の芸術品ですからメンテナンス方法は非常に難しく、完璧なオーバーホールを行えるメンテナンス方法をマスターしているのは熟練した職人に限定されます。
オーバーホールの手順は、分解、洗浄、組み立てと注油、タイミング調整という流れです。タグホイヤーなど名だたる高級時計の修理やメンテナンスに特化した専門店にも技術力の差はあります。技術力が歴然とするのはどこまで分解できるかです。
すべての内部部品を完全に分解する専門店には技術力があります。すべてを分解するということは、それをまた完全に復元する力量がなければ不可能だからです。分解工程でばらばらにした部品は一つひとつ専用の洗浄バスケットに収納し、特殊な洗浄機で汚れを徹底的に除去します。この除去工程も数段階に分けて行われ、厳格に規定された時間を順守して進められます。
組み立てと注油作業は熟練した技を持つ時計職人の腕の見せ所です。気の遠くなるような精緻な組み立て作業をしながら、部品に最適なオイルを適正量だけ注ぎます。ほんのわずかでも多寡は許されません。しかも時計のモデルによってオイルの量は微妙に異なるので詳細な知識も必要です。
組み立てと注油作業が完璧に完了したら、時計は再び正確な時を刻み始めますが、高級時計には一定の目標精度があるので、その値に向けた近似値を実現できるようにタイミング調整を行います。
ここまでがオーバーホール技術を駆使した内部のメンテナンスですが、高級時計は外部の美しさも重要なポイントです。表面の傷を極限まで修復し、新品と見間違うようなレベルに仕上げるのは磨きに特化した職人の技術を発揮する領域です。この分野も広義的なメンテナンスとなります。

タグホイヤーのメンテナンス方法を知る店を選択

タグホイヤーのような高級時計は定期的なオーバーホールが必須ですが、どこに依頼すればよいのか分からなかったり、数ある時計修理専門店から最適な店を選べるだけの知識がないと困惑してしまいます。
重要なのは修理費用が安いことではなく、確かなメンテナンス方法を店が確立していることと、それを実践できる熟練した人材を抱えているかどうかです。誰でも思いつきやすいのは高級時計メーカー指定のカスタマーサービスです。このルートであれば部品はそろっていますし、メンテナンス方法を知る技術者もいます。ただ料金設定が高いのが一般的で、時間もかかります。
一方、高級時計の修理やオーバーホールを専門とする店の中にはメーカー指定店と同等なレベルの技術者を抱え、メーカー指定店よりも短期間で安い金額設定にて調整を行ってくれる店があります。
時計修理の世界には神業的な技術力を持つ職人もいれば、修行中の人もいます。
タグホイヤーのような高級時計のオーバーホールを町の修理店に依頼する際には、その店にどのレベルの技術者がいるかを知りたいところでしょう。
日本には時計修理技能士という資格制度がありますが、高級時計の修理はこうした資格の有無では判断できない特殊なスキルを持つ技術者が必要になります。そのため修理店が高級ブランドメーカーの元技術者やメーカーの修理部門で経験を積んだ人材を抱えていることを公式サイトにて公開しているかどうかは重要です。
別の判断基準としては、オーバーホール後の保証期間の長さを必ず確認します。異常に短い場合は避けた方が賢明です。1年間の保証期間があれば安心できますし、万一不具合が発生した場合にきちんと対応することを明言している店ならさらに安心です。
大切な高級時計は自分の分身ともいえる存在ですから、日ごろからパートナーとして信頼できる修理専門店とつながっておくことが大切です。

MENU

ページの上部へ戻る