なぜタグホイヤーにメンテナンスが必要なのか

メンテナンスの頻度はどのぐらいがおすすめか

タグホイヤーは高級時計の中でも人気のある時計であり、手が届きやすいところが魅力です。
時計初心者でも買いやすい時計でありながら見た目に高級感があり、知り合いや友達にもアピールすることができます。知名度も高いので、贈り物をするときにも最適です。
しかし、機械式の時計は手入れをせずに使い続けていると不具合が起きやすいので、メンテナンスが必要です。今まで古くなるたびに買い換えていたという人もいるかもしれませんが、メンテナンスをすることによっていつまでも新品のような状態で保つことができます。特に高級時計を長く使い続けたい人にはおすすめです。
一般的に時計のメンテナンスはオーバーホールと呼ばれています。どのぐらいの頻度でオーバーホールが必要なのか気になるところですが、人によってメンテナンスが必要だと思う期間は異なります。止まってからでも大丈夫という声もありますが、オーバーホール専門店は3年に1度の目安でメンテナンスを行うことを推奨しています。
結局は時計の持ち主が決めることではありますが、普段通り特に問題は起こっていないという場合でも、購入してから、または前回のオーバーホールから3年以上が経過しているのであれば、一度見てもらうことをおすすめします。

時計が止まってからでは駄目という声があるのは何故か

確かに一般的には時計の不具合は止まったときにしか分からないので、そのときにメンテナンスに出せばいいと思いがちです。
しかし、不具合が起きるのは時計が止まったときではありません。それ以前から不具合が起きていて、その結果として時計が止まってしまったと考えられます。これを踏まえて考えると、時計が止まった後に修理に出しても遅いことが分かります。タグホイヤーのような高級時計の場合、時計が止まる前に何かしら前兆があるケースもあります。例えば時計の針が遅くなったり、異常な動きがあったりすれば、それは時計が止まる前兆です。そのまま使い続ければ時計に負荷がかかった状態が長く続くことになるので、時計の寿命を縮めてしまいます。
負荷がかかった部品は少しずつ壊れていきますが、油切れにより摩耗していくこともあります。
また、ただ擦り減るのではなく、減ったところは細かい金属の粉になり、その粉が他の部品へ付着して油汚れとなります。これが時計に大きな不具合を起こしてしまう原因なのです。時計の針の動きがおかしいと気付いたときは、これ以上不具合が大きくならないようにオーバーホールが必要になります。タイミングが早ければ部品の交換が必要ない場合も多いので、経済的な負担をかけずに時計を長持ちさせることができます。
時計の中身は普段は見えない部分なので、中でどのような不具合が起こっているのかを把握することができません。オーバーホールに出さない限り、不具合の原因を追及できないのです。
また、電池式のものの場合はメンテナンスや購入から時間がたっている場合は電池切れで止まった可能性があります。その場合はそのまま放置せずにすぐにメンテナンスで電池交換をするようにしましょう。長時間電池切れで放置しておくと、電池の液体が漏れ出して故障する原因となりかねないからです。

大事に使っていても劣化してしまう部品

タグホイヤーのような高級時計を慎重に扱って大切にしている人も多いです。
しかし、毎日大事に使っていても劣化してしまう部品があります。それがゴムパッキンです。水道の水漏れなどでよく耳にするので言葉自体は知っているという人も多いでしょう。
時計に使われているゴムパッキンの役目は、時計本体の中に水が入らないようにすることです。本体の内部が濡れてしまうと中の部品の金属がすぐに錆びてしまいます。
錆びた部品が原因となって中でショートが起こるので防水対策は必須です。パッキンが使われているところはガラス部分、裏ブタ部分、リューズの3か所です。この3か所はいずれも湿気や水が入りやすいところです。
しかし、ゴムパッキンは月日が経つと劣化してしまいます。例えば、引き出しの中にしまったままのゴムがいつの間にか硬くなってボロボロの状態になることもあるように、時計本体に使われているゴムパッキンもいずれ寿命が来れば役目を果たさなくなります。
時計の場合、その人の使い方によって劣化の速度も違うことが分かっています。
そのためメンテナンスは3年に1度でいいという人もいれば、5年に1度でも大丈夫と答える人がいます。劣化の速度を速めてしまう行為として、時計を付けたままお風呂に入ることが挙げられます。
ゴム素材は石鹸やシャンプーなどのアルカリ性に弱い性質を持っているため、お風呂に入るときは防水の時計でも外したほうがいいでしょう。また、汗をかいたときはそのままにしておくと汗が原因で錆びやすくなります。汗をかいた日はもちろんですが、1日の終わりは眼鏡拭きなのど柔らかい布を使って汚れをふき取って劣化を防ぐことが大切です。

MENU

ページの上部へ戻る