タグホイヤーのオーバーホールとは?

タグホイヤーの歴史

タグホイヤーは1860年、当時20歳だったエドワード・ホイヤー氏が設立した、スイスのジュラ山脈サンティミエに設立した時計工房が始まりとなっています。
設立当初からストップウォッチやクロノグラフなどのスポーツウォッチを開発しており、クロノグラフの歴史に貢献している時計メーカーでもあります。近年では、新たなムーブメントの開発を行っています。
1985年まで社名がホイヤーだったのですが、クオーツショックで資金難だったところを、TAGグループから資金援助を受け現在の【タグ・ホイヤー】の社名に変更しました。
タグホイヤーはモータースポーツ分野との深い関わりをもつブランドとして知られています。
1964年には、カレラ・パンアメリカーナという自動車レースからインスピレーションを得て生まれた【カレラ】を発表。【カレラ】は⅕秒単位の目盛り、純粋で実用的なデザインをコンセプトに作られたクロノグラフは世界中でベストセラーとなり、タグホイヤーは現在でも人気の高い高級ブランド時計となっています。
そんなタグホイヤーの時計を長く大事に使うために必要な、メンテナンス【オーバーホール】とはなんでしょう。
オーバーホールの重要さや方法を簡単に紹介しますので、参考までにご覧ください。

タグホイヤーのオーバーホールが必要な理由

オーバーホールとは、大切な時計を長く使うために必要なメンテナンスの事を言います。
機械式時計やクオーツなどは、必ずオーバーホールは必要で、時計の寿命に大きくかかわってくる重要なことなのです。
そのため、タグホイヤーの時計も同様にオーバーホールが必要で、オーバーホールを怠ると故障する原因になるので、必ずオーバーホールを行いましょう。
機械式時計は精密機器なため、細かい部品で組み立てられています。長年使うことで、オイルなどが劣化するため、機械同士の摩擦で部品に傷が入り、それが原因で故障をしてしまう可能性があるのです。そのため、オーバーホールは通常3~5年に一度行うのが推奨されており、メンテナンス時に時計を分解し、機械の油を注油しながら再度組み立てる作業を行います。
ムーブメントによっては5~6年に一度のオーバーホールでいいものや、7~8年に一度でいいものなど様々なので、一概に3~4年にするわけではありませんので、目安として思っていただければ結構です。

時計が止まってからでは遅い理由

時計が止まってからだと、手遅れになってしまう恐れがあります。そのため時計の寿命を延ばすポイントは、パーツを交換しなくてはいけない状態になるべくしないこと。
上記でも記載しましたが、タグホイヤー等の機械式時計は、長年使うことでオイルなどが劣化してしまい、時計の部品に負荷がかかります。そのまま放置してしまうと、部品同士が無理に動かしている状態になり、パーツが傷んでしまうことによって秒針が鈍くなり時間がずれる原因になるのです。
例えば、無理やりネジをドライバーで回そうとすると、ネジのくぼみの部分が摩擦を起こしすり減ってしまう状態をイメージしていただければわかりやすいと思います。すり減ることにより、金属粉が出てくるので、より油が汚れてしまいます。
すり減ったパーツ、傷ついたパーツは交換しなくては時計がスムーズに動いてくれない状態になるのです。
そんな状態で修理やオーバーホールを依頼した場合、パーツの交換などで費用が更に嵩んでしまうため、定期的にオーバーホールに出したほうが経済的にもいいのです。 機械式時計の部品は一つ一つが重要な役割を果たしているため、パーツを守るためにオーバーホールは必ず行ってください。
また、タグホイヤーのような機械式時計の寿命を延ばすために日常の使い方で注意する点があります。
パーツを正常に保つのは、どうしても使えば劣化はしてしまうので限度がありますが、使い方によってもパーツを少しでも守ることが出来るので、心当たりのある方は下記に記載することを是非気を付けましょう。
時計は水が浸入すると壊れてしまう原因になります。機械式時計やクォーツ式時計は、水や湿気で金属部分が錆びてしまい故障の原因になるのです。
時計にとって最大の敵となる錆を防ぐために、石鹸や洗剤、シャンプーやお湯などに付けず、時計を外してから手を洗う等を心がけると良いでしょう。

まとめ

タグホイヤーの高級ブランド時計をせっかく購入したのなら、末長く使用したいと思う方が多くいますので、時計の寿命を長くするにはオーバーホールを忘れず、3~4年を目安に行ってください。
時計は使えば使うほど愛着がわくもので、大事な時計になります。そんな大事な時計だからそ、大事に使いたいと思う人にはメンテナンスを怠らずおこなって頂きたいのです。
上記に記載したことを参考にし、是非末長く時計を使用しましょう。

MENU

ページの上部へ戻る